PCゲーム道場 掲 示 板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[トップに戻る] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]



[3792] Re:[3791] 無題 投稿者: 投稿日:2019/08/16(Fri) 07:51  

> 20周年おめでとうございます🎉
> 初めて相談に乗っていただいたのが、Radeon8500の電源問題です。
> あれからPCゲーム界隈も大きく変わりましたね。
> これからも末永く遊んで下さい。

20年前とは本当に様変わりしました。こんな風に(PC)ゲーム業界が変化するとは
誰にも予測がつかなかったと言えます。

今後ともよろしくお願いします。



[3791] 無題 投稿者:ZOE 投稿日:2019/08/16(Fri) 03:17  

20周年おめでとうございます🎉
初めて相談に乗っていただいたのが、Radeon8500の電源問題です。
あれからPCゲーム界隈も大きく変わりましたね。
これからも末永く遊んで下さい。


[3790] Heretic, Hexenフランチャイズ 投稿者: 投稿日:2019/07/26(Fri) 03:21  

ダウンロード販売に関しては結構謎な部分も多く、今各所でQuakecon関連のセールをやっているので
思い出した件なのだが、HexenやHeretic関連についてはSteamでは売っているのにGOGでは売られていない。

多数のゲームはどちらでも販売されているのだが、これは売られないというのはどの辺の絡みなのか。
raven softwareとidの組み合わせとなるがQuake 4は両方で売っているというのもありよく解らない。
GOGはDRMフリーでなければ販売出来ないので新しいゲームがGOGでは売られないというのは解るのだが
これだけ古い物だとそれは関係なさそうだし、このフランチャイズだけ別契約で権利者が別なのか?
ただ別なら別でSteamではOKならばGOGで売っても良さそうなものなのだが。


[3789] Re:[3788] [3787] ANATOMY 投稿者:nm 投稿日:2019/06/03(Mon) 00:17  

ANATOMYの件、ネタバレ回避でリンク先を読まなかったのを忘れていました。
これは助かりました。が反面、やはりゲーム内で読んでおきたかったですね。

>ホラーに限らずゲーム系の作者には向かない方式という印象。公式サイトのトップにお勧めの業種というか
>タイプが書かれていますがゲーム制作は含まれていません。かと言ってクラウドファンディングでの
>資金獲得はよほど有名でもないと難しいですし、では早期アクセスとなるとこれもまた活動を続行出来るだけの
>売り上げを得られる所はごく僅かという状況です。

意外なご意見で驚きでした。もうこれしかという感じで結構な開発者が流れているので、積極的に
アリだと捉えていらっしゃるかと。とはいえフルタイムの開発がしたくて寄付を募っているのに、
Tier制度のためにさらに作業が必要という妙な事態になってる感はあります。

早期アクセスは元の市場の狭さが響いてるようにも見受けられますね。努力して改善し続けても、
インディーズゆえの地味さやそもそも対象がニッチ、あとは過去に痛い目を見た的な経験から、
購入検討に入れる可能性のある層自体がもう頭打ちになっているといった風に。

>実際の所ゲーム系では、あまりその辺りの定期的な提供に
>うるさくないファンによる、制作活動支援という意味での純粋に寄付的な意味合いが強い様に感じられます。

ああそれは確かに。インディーズゲーム自体思うように開発が進まないもので、そこへ
支援する人間となると推して知るべしというところでしょうか。


[3788] Re:[3787] ANATOMY 投稿者: 投稿日:2019/06/01(Sat) 12:11  

> この作者の方だと毎月ショートゲーム等となっていますが、ホラー系のPatoreonというのは
> 特典の設定が難しそうな印象があります。

ホラーに限らずゲーム系の作者には向かない方式という印象。公式サイトのトップにお勧めの業種というか
タイプが書かれていますがゲーム制作は含まれていません。かと言ってクラウドファンディングでの
資金獲得はよほど有名でもないと難しいですし、では早期アクセスとなるとこれもまた活動を続行出来るだけの
売り上げを得られる所はごく僅かという状況です。

そこで別形態のPatreonにチャレンジという事なんでしょうが、これは月一でゲーム提供となると
フリーゲーム系の作者でもない限りは困難でしょうし、早期アクセスの様にして随時新バージョンの提供を
するにしてもそれで納得が得られるかどうか。実際の所ゲーム系では、あまりその辺りの定期的な提供に
うるさくないファンによる、制作活動支援という意味での純粋に寄付的な意味合いが強い様に感じられます。


ANATOMYについてはクリア後にまだなら補足事項(考察)の方も読んでみて下さい。



[3787] ANATOMY 投稿者:nm 投稿日:2019/05/31(Fri) 01:51  

気になったので買ってみましたが、これは怖いですね。自分はこういう現象そのものには
恐怖感を感じない方なのですが、見せ方が非常に巧い。ただ、確かにこれは字幕無いのが
厳しいです。本編の進行とはそこまで関係なさそう?な気はしますが。

この作者の方だと毎月ショートゲーム等となっていますが、ホラー系のPatoreonというのは
特典の設定が難しそうな印象があります。RPGやストラテジだと実装して欲しい機能の投票や、
変わったところだとアイテムに名前がつく(直接反映されるわけではなく、図鑑で支援者名が
控えめに表示される)だとか、開発中タイトルのファンに強くアピールしやすいですね。
クレジットや先行配信のみだと一ヶ月限りになりますし、そのあたりどうしているもの
なのでしょうか。まあ、支援が目的であって特典を気にしすぎるのは本末転倒かもしれませんが。

>実写形式は会話や行為での選択肢分岐とか「それで何が起こったか」を見せるには向いているんですが
>主役であるポイントアンドクリック方式とは相性が悪いという面があり、なかなか増えそうにないという
>事情があります。それとリアルなCGキャラという物もあまり受けが良いとは言えず、昔からの描き手の
>個性を活かしたキャラクターデザインによる2D物が今でも人気という状況でもあります。
かなり遅いレスになってしまいましたが、これは得心しました。確かにADVはドット絵や
カートゥーン系の作品が多く、自分は何かそういう流行りの波か予算の都合だと思っていましたが、
言われてみれば元からADV特有の好みのビジュアル傾向というのはありそうです。


[3786] Re:[3785] Games for Windows Live 投稿者: 投稿日:2019/04/25(Thu) 00:38  

補足事項を幾つか。

GFWLへのサインインは現在でも可能です。ただしGFWLのアカウント=Xbox Liveアカウントであり、
また現在ではMicrosoftアカウントとして他の各種アカウントと統合されています。
よってMicrosoftアカウントを二段階認証に設定しているケースでは、GFWLマーケットプレイスプログラムと
ゲーム内のサインインはどちらもこの二段階認証に対応していない為に、アカウントのパスワードでは無く
アプリ パスワードを入れてサインインを行う必要があります。

それと二段階認証は非使用だがゲーム内のサインインでエラーが出るケースにおいては
エラーメッセージの画面より「別のアカウントでサインイン」を選んで再入力すると成功するケースがあります。


マルチプレイ対応タイトルの場合、サインインは出来てもそのゲーム側のマスターサーバーが死んでいれば
マッチング等はもう出来ません。あるいは経験値&ランクアップでアンロックといった要素を持つゲームでは
その各ユーザーデータを保持しているサーバーがもう無いのでアンロックが出来ないという物も有ります。


後期に発売された対応タイトルには発売日チェック(ZDPP)を使っているゲームも在り、どうやらこの
認証サーバーは既に停止しているらしく起動が出来ません。なおこれはリテール版における話であり
現在でもダウンロード販売で購入可能な物はこのチェックが外されているのでちゃんと動きます。
https://pcgamingwiki.com/wiki/List_of_Games_for_Windows_-_LIVE_games


[3785] Games for Windows Live 投稿者:スパーク女医 投稿日:2019/04/23(Tue) 01:14  

Games for Windows Liveは一応Windows 10 64bitにて2019年現在も認証・サインインできて実績の解除等もできますよ。
Fable IIIは日本語版(パッケージ版)は持ってないので分かりませんがSteamの英語版はプレイできます。
ただ、タイトルによっては酷く待たされる(F1 2010, 2011などはCDキーを入力する前に延々とロードが続き、Esc等を押すとフリーズしてしまうので、ノータッチで放置し数分ほどひたすら待てばロードが終わりCDキーの入力ができるようになる。CDキーを入力し終われば、その後は問題なくGfWLにサインインできて普通にプレイできる)ので、登録してあるアカウント情報が間違えていないかとかいろいろ試したり辛抱強く待ったりするといいかもしれません。


[3784] Re:[3783] Bethesda Launcherの失敗 投稿者: 投稿日:2019/04/17(Wed) 20:07  

Fallout 76はオンライン専用なので、Steamで購入してもBethesda.netのアカウントは必須という
Uplay方式になるのではないでしょうか。両方のプレイヤーをマッチングで分断してしまう事になるのは
不味いでしょうし。

Rage 2の方はシングルプレイ専用ですし、Steamの頁を見ても必要とは書いてないので要らないのかも
しれません。ただしシステム要件がまだ記載されていないので実は要るという事になる可能性も
残っています。あるいはプレイするだけなら要らないが、何等かのイベント特典等を貰うには
Bethesda.netのアカウントから貰わないとならないとか。

今回の決定はBethesda.netで独占配信するという事を諦めたのでは無く、まだ時期尚早だったとして
一時的に保留にしただけではないかと想像します。将来的にBethesda.netのアカウントを増やしていって
Fallout 5とかのビッグタイトルの発売時に再度独占という形を試みるのではないかと。


[3783] Bethesda Launcherの失敗 投稿者:タシュ猫 投稿日:2019/04/16(Tue) 15:05  

Fallout76がBethesda Launcher専売になるなどBethesdaも自社製ランチャーで囲い込みをしようとしてみたいですが
Fallout76の不評などで結局半年程度で失敗を認めてしまいましたね。

RAGE2やDOOM EternalなどもBethesda Launcher専売になる予定だったみたいですがSteamなどで販売して
早くも事実上失敗を認めてしまいましたね。

Fallout76も今年秋にSteamで配信予定とのことです。

大量にランチャーが常駐ソフトとしてメモリもCPUも食いますし最低でもSteam Epic Originの3つ(余談ですがUplayはあまり知られていませんが実績解除などで得られるコインみたいなのでUplay Storeからだと10%割引で買えますがDivision2も大抵の人がEpic経由購入したみたいでやはりゲーム終了とともになるべく終了しておきたいアプリですね)

に絞ってほしいですね。

あとはBethesda Launcherがサービス終了などをするとその保証はどうするのか?とGames for Windows Liveの件もありますし(Resident Evil5などはSteam登録出来るなど保証がありますが)気になりますね。

Games for Windows Liveは完全に認証サーバーが死んでるみたいで昔購入したBulletstormはリマスター版を買い直さないと行けないですしFable3日本語版は翻訳の質もかなり良かったのですが新PCでは遊べない状況です。


[1] [2] [3] [4] [5]
処理 記事No 削除キー
- LightBoard Antispam Version -